enjoy!家族生活

日々の生活の中から、役立ちそうなこと、おもしろかったことなどを書き残していきたいと思います。

2020元旦の白樺高原国際スキー場

 冬の帰省ラッシュの合間の元旦を狙って、白樺湖右舷国際スキー場に日帰りスキーに行きました。

※ここにした経緯はこのとおり。

www.enjoykazoku.com

 朝一から滑りたかったので、5時半に家を出たところ、スタート30分前の8時に到着。駐車場はゲレンデのすぐそばの駐車場に停めることができました。

ここ、50台分しかないのでどうかな~と思っていたのですが、さすがに元旦の朝。先客は10台そこそこといったところでした。

shirakaba-ski.jp

朝一のゲレンデはこんな感じ。

一応頂上から下までオープンしたのでここを選びましたが、やはり滑れるのは本来のコースの幅の半分くらい。

それにしてもさすがの晴天率。すばらしい。ここへ向かう途中でも、道端で初日の出を見る人たちをかなり見かけました。

f:id:tea_tee_03:20200112101402j:plain

最近は残念なことに体力が1日もたないので、午前券を購入。

この日オープンしていたのは、メインとラビットのみ。

それでもゴンドラで頂上まで行くと、2kmくらいのコースを降りてくることができます。

雪質は…かなりがりがり。氷のつぶの上を滑るような場所も。。。まあ、もともと晴天率が高いエリアなのに加えて、暖冬で雪不足なので、こればかりは仕方ない。

でもなにしろ天気が良くて爽快。

※写真は9時ごろ。まだ人も少ないです。

f:id:tea_tee_03:20200112102856j:plain

10時くらいになるとスクール生でまあまあ混んできました。

とはいえリフトが並ぶことはほとんどなかったのですが、ゲレンデの幅が制限されているので、ラビットの狭い場所はちょっと通り抜けるのが大変かな、という感じでした。

 

この日は、10時からホテルのシェフによるコーンスープがふるまわれていました。朝から滑るとちょうど小腹が空いたころで、とてもありがたかったです。

スープを飲みながら、しばし休憩。この時間、観光センター3階の休憩室は、どのテーブルもだいたい荷物で確保されている状態で、ひとつふたつ空いていたところを見つけて休憩しました。

朝一で休憩室の場所さえ確保できれば、滑らない人が待っていることも可能そうでした。

※12時くらいでこんな感じ。上から下までがんがん滑れます。

f:id:tea_tee_03:20200112103642j:plain

13時ごろまでがっつり滑って帰宅。

空いていて、滑走距離も適度な長さなので今シーズン1発目にはちょうどよかったなと。小4の子供はほとんど一人で滑っていたのですが、自分のペースで滑れて大満足だったようです。


元旦スキー、中央道か関越か…迷った話

「今年の冬は道が空いてそうな元旦に日帰りでスキーに行こう。できれば最近あまり行っていない新潟方面へ…」とずっと計画していたのですが、直前の調べで、新潟も雪不足で多くのゲレンデがオープンおらず、むしろ白樺湖周辺のゲレンデの方が積雪があって頂上から滑れるスキー場もあるということがわかり、新潟への決意がゆらぎ、行先かなり悩みました。

 

今回のポイントは、

  • パウダースノー希望
  • 日帰りなのでできるだけ移動時間が短い
  • 大人一人子供二人なので安全なところ(混雑が少ない、はぐれても落ち合える、運転が怖いほどの山道でない、など)
  • コースが短すぎない
  • できれば行ったことのないゲレンデ

という感じだったのですが、以下検討の結果、何回も行っている白樺高原国際スキー場にしました。

  →雪不足でゲレンデが一部しかオープンしてない、荒天の予報あり

  →それなりに雪はあるが、混雑と天気の心配があったのと、広いので子供が不安がった

  →アクセスが良く、小学生以下リフト無料も魅力的だったが、向山ゲレンデ600mのみだったので、ちょっと物足りないと思い見送り

  →頂上からふもとまで滑走可能で2kmくらい一気に滑れる、はぐれた場合でもふもとで待ち合わせできる、いつもどおり晴天の予想。安全面を考えて、スキー専用の白樺高原国際スキー場を選択

 

いつもついつい行きやすい諏訪エリアのスキー場になってしまうけど、やっぱり満足いく雪質を求めるなら、もう少し雪の降るエリアへ行かないと。でも関越は渋滞が…

 

最近は常にこのせめぎあいです(^^;

中学受験のスケジュール管理には…これしかない!

中学受験に向けて、5年生、6年生とますます忙しくなってくるであろうわが子。

毎日つきっきりで見てあげることができないわが子が、塾の宿題も、学校の宿題も、習い事もみんなちゃんとやるにはスケジュール管理が必須でしょう、ということで見つけたのがコクヨのスタディープランナー

コクヨ キャンパス スタディプランナー ルーズリーフ ウィークリー罫みえる化 2冊セット ノ-Y836MWX2

最初は、1時間ごとに予定が書き込めるカレンダーがあったら親も見やすくていいなと思って探していたのですが、意外とない。

ひとつだけ月めくりで、1日のスケジュールまで書き込めるものがあったのですが、それも夜8時くらいまでしか欄がなく、やむなくカレンダータイプをあきらめて代替手段として見つけたのがこれでした。

 

まず見開きで1週間分全部が一覧になるので、1週間ごとの予定がたてやすい。

そしてタスクと時間が両方書き込めるので、週の中でやることができているか、と1日の計画は守れているかがわかりやすい。

 

あとは子供に徹底させるのみ。

それが一番大変で難しいんですけどね…

 

 

家族みんなで楽しめた、今年の東京モーターショー

ちょっと前になりますが、平日に学校終わりの子供たちを連れて東京モーターショーに行ってきました。たぶん20年ぶりくらい…

近年は来場者数が減少傾向とのことで、平日だし結構空いているのかな?とか思いながら行ってみたのですが、なかなか混んでました。

蓋をあけてみたら、今年は来場者が7割増だったとのこと…。でも、とても楽しめたので納得です。

www.tokyo-motorshow.com

f:id:tea_tee_03:20191126223350j:plain

学校から帰ってきた子供たちを連れて行ったので、会場に着いたのは15時くらい。

結構人いました。シャトルバスは10分待ちくらい。

 

お目当てはモーターショー限定キッザニア。

f:id:tea_tee_03:20191126223955j:plain

いつものキッザニアにはない、モーターショーならではの体験ができます。

70分の中で2つの体験ができるということで、うちの子たちはレーシングドライバーと車の組立てにチャレンジしていました。

レーシングドライバーは、本格的なシミュレーターを使って、鈴鹿を5分以内で走るというもの。2人とも無事目標タイムをクリアしてました(笑)

 

キッザニア以外にも、ダカールラリーで優勝したトラックの前で写真をとってもらったり、コンセプトカーを見学したり、トミカブースで遊んだり、VR体験なんかもできたりして、子供たちも結構楽しんでました。

そんなこんなで青海会場とFUTUREEXPOだけで19時くらいになってしまったので有明にはいかずに帰ろうかと思ったのですが、子供がどうしてもLEXASを見たいというので、大急ぎで有明にも行きました。

f:id:tea_tee_03:20191126225206j:plain

完全に時間が足りずに忙しかったですが、思った以上に家族みんなで楽しめるイベントでした。

今回はちょうど時間帯があわなかったことと、平日でイベントが限られていたこともあり試乗系の体験が全くできなかったのがちょっと心残りだったので、次回2021年は、混雑覚悟でも休日に行ってみたいな~と思います。

 

「勉強しなさい」とつい言ってしまう問題の対応策

小4の子の中学受験について、親として試行錯誤の日々が続いております。

 

www.enjoykazoku.com

 

家でごろごろしていると、つい「勉強しなさい」と言いたくなるのですが、中学受験を経験していないわが身を振り返れば、小学生の時にはそんなこと考えもしなかったなぁと思うわけです。となると、やっぱり「勉強しろ」というべきではないのかなという思いもありつつ、自分で受験すると決めたからには中途半端にせず、がんばってほしいという気持ちもあり。。。

 

そんなある時、子供が志望校にとあるトップ校の名前を挙げてきたので、まじか…と思いつつ、トップ校を狙う子たちはどのくらい勉強しているのか調べてみたんです。

すると、1日3時間という意見もあれば、平日でも6時間、休日は12時間という方もいて幅広い…

 

そこで思ったのは、当たり前なのですが、同じ志望校に入る学力があっても、勉強時間は人それぞれ、ということ。

学力をつけるために考えるべきことは、何時間勉強するかではなくて、力をつけるために何をどうやって勉強するかということなのだということです。

 

改めてわが身を振り返ると、高校、大学受験の時には勉強のやり方なんかせいぜいテストの範囲を絞るくらいしか考えることもなく、とにかく塾の宿題を何度もやり直せと言われたからやり直したり、一般的によいといわれる問題集を最初から最後までただ全部解いたりといった勉強の仕方をしていて、効率なんて考えたこともありませんでした。

たぶんあの頃の自分は、できる問題を何度も解き、できない問題は復習の中でできるようになったものもあればできないままのものもある状態で、ただ点数が伸びないのは勉強が足りないからだと思って机に向かっていたのだと思います。

なんて効率が悪かったんだ…苦手な分野を優先的にやるべきと当時の自分に教えてあげたい。

 

きっとうちの子もただ塾に行かせているだけだと、先生たちが「復習しなさい」というその本当の重要性を理解できないと思います。

子供にはたくさん遊んでほしいし、受験も納得いくようにがんばってほしい。そのために時間の使い方が重要。となると親ががんばるのは子供にとって最も効率のよい勉強の進め方を考えること=スケジュール管理だということがすごく腹落ちしました。

www.inter-edu.com

というわけで、「勉強しなさい」とついつい言ってしまう問題については、子供にはとにかく宿題やテストは必ず復習、それがしっかりできていたら、それ以上勉強しろとは言わないというルールにしてみました。

試行錯誤の日々は続くと思いますが、しばらく様子を見てみたいと思います。

東京あそびマーレに行ってきました。

10月の週末に、下の子と東京あそびマーレに行ってきました。

前に行こうとしたときにだいぶ混んでると聞いていたので16時~のナイト狙いで行ってみました。19時までなので、3時間は遊べます。

料金も1500円→1000円でお買い得です。

※通常料金で入るときには、クラブオフの割引などもあるようです。

駐車場は入れたのですが、まあまあいっぱいで、これは混んでいるのか?と思いつつ入ってみると、そこまですごい人、という感じではなく一安心。

建物のつくりはいかにもホームセンター?スーパー?だったのかな、という感じで、逆に新鮮でした。

入場するなり子供はスノータウンに直行。入り口で長靴を貸してくれ、そのまましばし待機。少し経つと説明を経て、中に入れてくれました。

f:id:tea_tee_03:20191103223700j:plain

中はこんな感じ。大きく雪遊びエリアと、そりエリアがあって、写真の手前にテーブルといすがあって、親が座っていられるようになっています。

 

この日は外が暖かかったので半そで1枚で上着も持っていなかったのですが、大失敗。

寒い。とにかく寒い。

すぐにブランケットを借りたのですが、それでもだいぶ寒くて、30分ほどで限界でした。

子供は雪遊びに夢中で楽しんでいたのですが、雪が水っぽいこともあり、毛糸の手袋はすぐにびちょびちょに。それでもその辺にたくさんあるバケツやら何やらを使って一生懸命雪だるまをつくってました。

そりも一見短いコースですが、ちょうどいい具合にスピードも乗って楽しそうでした。(子供を差し置いて何度も滑っているパパもいるくらいです笑)

f:id:tea_tee_03:20191103224656j:plain

親子二人乗りもできるので、本格雪遊びデビューの前の練習にもいいかも?

 

室内遊園地はこんな感じで結構広々していて、ゲームがあったり、電車があったり、忍者屋敷があったり、トランポリンがあったり、ふわふわ滑り台があったり、卓球があったり、とにかくいろいろあります。

f:id:tea_tee_03:20191103225804j:plain

小さい子用のエリアもあるので、その辺も安心です。

一方で監視員の人は少なめの印象で、たまにちょっと危険な遊び方をしている子供もいたりするので、そこは少々注意が必要かもしれません。

 

f:id:tea_tee_03:20191103230348j:plain

このふわふわ滑り台、結構スピード出て楽しい!

 

ひととおり遊んで2時間半。

最後は、まだ遊びたいとごねる子供をお腹すいたからと諭してようやく帰った感じでした。

近くにレストランもいくつかあるので、最後まで遊んで夕飯をその辺で食べて帰る、とかでもよかったのかもしれません。

asobimare.jp

土曜日のキッザニア東京

2019年10月の土曜日のAM、キッザニア東京に行きました。

ここ数回は人気のアクティビティをあきらめ、午後の入場時間直前に行くことが多かったのですが、今回はいつもできないものをやろうということで、朝から並ぶことにしました。

土曜日の第一部にも関わらず、直前までチケットが「〇」だったので、空いているのかな~という淡い期待を抱きつつ、早起きして出発!

 

着いたのは7時5分ごろ。すでに50mくらい並んでいました。

ほとんどの人が敷物をもってきていて、朝ご飯を食べている人も多く、さながらピクニック状態でした。待つのは30分くらいだしと思って丸腰で並んだのですが、周りの方の朝食のいい匂いで空腹がきつかった…

www.kidzania.jp

9時40分から受付となっていますが、この日はもう少し早く受付がはじまりました。

受け取った番号札は、42番。

そのまま荷物検査を済ませ、キッザニアの入り口のカウンターで受付を済ませたのが50分くらい。そこからしばらくはフリーですが、8時15分ごろまでには列に戻ってきてください、とのことでした。

そして8時半に入場。うちの子たちは入場するなりハイチュウづくりとメガネづくりに直行し、無事予約できました。

どうやらこのくらいから並べば、行きたいところにいけるらしい。。

 

f:id:tea_tee_03:20191029230404j:plain

f:id:tea_tee_03:20191029230500j:plain

※写真は10時半ごろのキッザニア。やはりこの日は少し空いていた?

いつもはなかなか人気の消防署もこの日は比較的すいていたので、わが子も久々にチャレンジしていました。

f:id:tea_tee_03:20191029231055j:plain

ちなみに11時20分ごろにはすでに5つのアクティビティが受付終了になっていたようです。新しくできたゲーム会社も大人気でした。

f:id:tea_tee_03:20191029230642j:plain

そして途中の待ち時間でご飯を食べつつ、子供たちはそれぞれパビリオンをまわり、あっという間に15時で終了。

 

たくさん歩いて疲れたし(なんと1万五千歩も歩いてました…)、さあ、さっさと帰ろうと思ったのですが、忘れてました。首都高の渋滞。

帰りは行きの倍の時間がかかりました。午後の部終了後だとほとんど渋滞なしで帰れるので、人気のものを狙わず、寝るのが遅くなってもいい日であれば、やっぱり午後の方がストレスフリーです…